北関東 足利市の公認会計士・税理士事務所 森会計事務所

2020

9月15日『酒税法の改正』

9月も後半になりました。弊事務所がございます足利市では、日中はまだまだ暑い日が続いています。ブログをご覧の皆様はいかがお過ごしでしょうか。新型コロナウイルスは未だに猛威を奮っておりますので、新しい生活様式を実践しながら、引き続き予防を心掛けてまいりましょう。

さて、消費税率10%への引き上げと軽減税率8%の制度が始まってから、もうすぐ1年が経とうとしていますが、本年10月にも、とある改正税法が施行されます。スーパーやドラッグストアなどに置いてあるポップを目にしてご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、それは酒税法です。酒税は酒類に対して課税される税金で、ここで規定されている酒類とはアルコール分が1%以上含まれる飲料のことをいいます。今回の改正により本年10月1日から350ml缶で第3のビールが10円の増税となり、その逆にビールは7円の減税になるとのことです。お酒が好きな方にとっては、気になる話題ではないでしょうか。今後も段階的に改正が予定されているようですので、ご興味のある方は下記国税庁のホームページをご覧下さい。

https://www.nta.go.jp/taxes/sake/kaisei/mokuji.htm

R.K

9月1日『弊事務所HP相続専門サイトの更新が完了致しました!』

9月に入りましたが、ブログをご覧の皆さまはいかがお過ごしでしょうか。弊事務所のある足利市では曇りや雨で涼しくなったり、気温が30度を超えたりと不安定な天候が続いています。皆さまもどうぞご自愛下さい。

さて、平成30年7月に民法(相続法)が大きく改正され、昨年の1月から段階的に施行されております。既に当ブログでも一度お知らせしておりますとおり、弊事務所の相続専門サイトにおいても、民法改正に合わせて内容の更新を進めてまいりました。そしてこの度、本年7月10日に施行された「法務局における自筆証書遺言に係る遺言書の保管制度」を含めて更新が完了致しました。改正の内容を皆さまにわかりやすくご覧になっていただきたく、改正前、改正後、改正によるメリットを記載しております。今回の改正でどのような点が変わったのか、またご自身が相続に係る事になった場合どうすれば良いのか等、考えるきっかけになりましたら幸いです。

アドレスは下記の通りです。
http://www.mori-actg.jp/revision

相続、その他税務・会計等でご不明な点がございましたら、お気軽に弊事務所までご連絡下さい。

H.M

8月17日『いつもと違う今年の夏』

暑い夏がやってきました。新型コロナウイルス感染拡大防止対策が続いているなか「新しい生活様式」で迎える初めての夏です。熱中症に注意しながらマスクを着用する、マスクを外すタイミングをみつける、体調を気づかう、部屋の換気を行う、毎朝の健康チェック等々、他にもいろいろ気をつけなければいけない事がたくさんあります。健康第一でいつもと違う特別な夏を乗り切るために出来る限りの事をしていきたいと思います。

K.S

8月3日『マイナポイント事業』

みなさん、今年の夏は如何お過ごしでしょうか。

私はキャッシュレスポイント還元が終わってしまい少し寂しい日々を過ごしています。しかし、国がまたお得な事業を新しく立ち上げてくれました。それは、マイナポイント事業です。paypayやLINE PAYなどのキャッシュレス決済を登録する事でチャージ金額または決済金額の25%のポイント還元が受けられます。還元限度額が5千円分までですが、国のマイナポイント予算額の2000億円に到達すると締め切られてしまいますので、活用する方は早めに手続きをする事をお勧めします。また、申請をするにはマイナンバーカードが必要です。マイナンバーカードはスマートフォンからでも手軽に申込できますのでこの機会にマイナンバーカードを作ってみてはどうでしょうか。

詳しくは、下記マイナポイント事業のホームページをご覧ください。
https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/

T.F

7月16日『終わったこと、始まったこと』

クレジットカードや電子マネーで決済するとポイント還元されるキャッシュレス・消費者還元事業が2020年6月末日をもって終了になりました。数回利用してみた結果、その場でポイント還元ができて少々お得な気分になりました。新型コロナウイルスの影響、新しい生活様式への対応などありもあり、引き続きキャッシュレス化は推進されるようですね。

終わったこともあれば始まることもあり、7月1日よりプラスチック製買物袋(いわゆるレジ袋)が有料化されました。もともとスーパーではマイバックを利用していたためいつも通りに買い物を済ませていますが、コンビニ、ドラッグストア等では持参するのを忘れがちで、レジに並んでからマイバックを思い出すことが多いです。スーパー用、コンビニ用、日用品用と大きさを分けて車においてあるので早く慣れようと思っています。

今月に入って降り続いた大雨による甚大な被害について、被災された皆様が早く元の生活に戻られるよう願います。これから厳しい暑さになると予想されているため被災者の皆様、被災支援をされる方々、このブログをご覧になってくださる方々も体調には十分お気を付けください。

H.H

7月1日『新型コロナウイルスに係る国税庁の対応』

7月になりました。弊事務所がございます足利市では梅雨のじめじめとした鬱陶しい日々が続いております。ブログをご覧の皆様はいかがお過ごしでしょうか。
5月25日に国の緊急事態宣言は解除されましたが、未だに新型コロナウイルスが終息する気配を感じられません。国税庁では新型コロナウイルス関連で様々な対応がされていますので、納税やお手続きに関してお困りの方がいらっしゃいましたら、下記国税庁のホームページをご覧いただければと思います。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/kansensho/index.htm

梅雨が終わりますと暑い夏がやってまいります。引き続き手洗いやうがいを励行し、またマスクを着用しなくても済む場合は無理をせずにマスクを外すなど、柔軟に対応してまいりましょう。

R.K

6月16日『暑熱順化』

6月に入り、梅雨の時期となりました。毎年この時期は暑さに備えて熱中症対策を考えなければなりませんが、コロナ感染予防のためマスク着用が必須の現在は、熱中症のリスクが例年より高くなっているそうです。そこで「暑熱順化=夏の暑さに体を慣らす」に着目してみました。暑熱順化するには①お風呂や運動で汗をかく、②暑さに耐えられると思ってもなるべく涼しい場所に行く、③三食きちんと食べる、④喉が渇いていなくても水を飲む、⑤経口補水液を常備しておく、と良いそうです。特に③は暑熱順化に関係なく、日頃から健康のためにきちんと心がけたい事ですね。

さて、6月は2020年度個人住民税の徴収期間が始まります。普通徴収の方は、6月中にご自宅へ納付書が送付されます。特別徴収の方は、勤務先より5月中に住民税の税額通知書が配布されていると思いますので内容のご確認をお願い致します。
その他税務に関してご不明な点がございましたら、弊事務所までお気軽にご連絡下さい。

H.M

6月1日『コロナとともに生きる』

5月は、3月末決算法人の法人税等の申告期限であり、会計事務所では個人の確定申告時期と並んで一年の中でも忙しい時期です。今年は新型コロナウイルス感染症対策のための在宅勤務もあり、またスーパーの品薄状態や外出自粛要請等いろいろな思いをして過ごした5月でしたのでやっと6月になったという感じです。新型コロナウイルス感染症に対する不安は消えませんが、日常生活の中に「新しい生活様式」を取り入れて実践していきたいと思います。

K.S

5月18日『お初にお目にかかります』

はじめまして。4月から新しく森会計事務所の職員となりました。

1ヶ月働いてみて、とても働きやすい環境だと感じました。所長や職員の皆様は素晴らしい方達ばかりなので毎日、充実した日々を送っています。私はこんなに素晴らしい会計事務所で働けてとても幸せです。

さて、5月になりまして様々な納税の期限がやってきます。固定資産税、自動車税等の納付があります。銀行等で現金で納めるのが一般的ですが、最近ではスマートフォンを使ったスマート決済の対応が増えてきました。スマート決済を使えば混雑している銀行等に行かなくてもどこに居てもすぐに納付する事が出来ます。また、決済方法によりましてはポイントが付与される場合もあります。

是非この機会に混雑を避け、スマート決済に挑戦してみてはいかがでしょうか。

T.F

5月1日『在宅勤務』

緊急事態宣言の発出を受け、当事務所も4月下旬より交代制による在宅勤務を行っています。多くの方が初めてであろう在宅勤務を実際に体験し、各々何かを感じることがあるでしょうが、私自身も家で仕事をしていて感じることがありました。会社員の経験しかない私は朝起きて身支度をして通勤する一連の流れで仕事への切り替えを計っていたことを改めて感じます。メリットは通勤が無い分朝はゆっくりとしていること、普段できない家事ができること等、デメリットは事務所でしかできない作業があること、自宅の椅子が体に合っていないので腰痛が発生することです。

とある記事で、在宅勤務になってから家で仕事をしているとルーズになり自分が怠け者になったように感じて悩んでいるという投稿をみました。その回答として、恐らくそういう方は普段職場で勤務していても同じようにルーズなので悩む必要はありませんとのこと。笑ってしまうような記事でしたが納得してしまいました。

この経験から学ぶこともありますし、これを機に更に無駄を省くということもできると思います。良い経験として捉えて今は自分に出来ることをし、早く落ち着いた穏やかな日が戻ることを願っています。(*^^*)

H.H

© MORI ACCOUNTING. ALL RIGHTS RESERVED